【沖縄県】 県産ブランド豚あぐー 肩ロースしゃぶしゃぶ用

アピール画像
肩ロースは赤身と脂身のバランスが良く、きめ細かな肉質と甘みたっぷりの脂が同時に楽しめます

【沖縄県】 県産ブランド豚あぐー 肩ロースしゃぶしゃぶ用

定価:4,600円

肩ロースは赤身と脂身のバランスが良くきめ細やかな肉質と旨みたっぷりの脂が同時に楽しめます。

《営業マンの独り言》
沖縄に行ったら必ず食べるあぐー豚。
全く脂っこくなくさっぱりと食べれます。さんざしのタレとの相性も抜群。噛めば噛むほど口の中でのお肉うまみとタレのコラボレーションが素晴らしいです。僕はたれに刻んだねぎを大量に入れて食べています。

・アグーは、沖縄固有の貴重な在来豚です。
その歴史は古く、今から約600年前に中国から導入され、沖縄で飼い続けられていた島豚が「アグー」の起源であると言われています。アグーは、古くから沖縄の食文化を支えてきました。しかし、第二次世界大戦の影響でアグーは激減しました。さらに、戦後、アメリカ等から、大型で、発育のはやい西洋品種が大量に導入され、豚の改良が行われました。そのため、小型で、発育の遅いアグーの頭数は減り、西洋品種との交配による雑種化も進みました。絶滅したと思われていたアグーですが、名護博物館が1981年にアグーの全県的な調査を実施した結果、約30頭が確認されました。そのうち18頭が県立北部農林高等学校に集められ、約10年かけて雑種化を取り除くための戻し交配が行われました。その結果、戦前に近い形質を備えたアグーが復元されました。
・上原ミートのStory
時は昭和28年、戦後の混乱がいまだ残る那覇の町
「沖縄の台所」と呼ばれた牧志公設市場に、働き者の夫婦が営む小さな肉屋が開店しました。沖縄で豚肉といえば、行事料理には欠かせない御馳走。上等肉が手に入る小さな肉屋はたちまち評判になり、お盆や旧正月の前には、「らふてぃ」や「中味汁」の材料を求めて、女性たちが列をなしました。
やがて時は流れ、沖縄は本土復帰
時代や町並みは変わりましたが、変わらないものがここにあります。それは、沖縄の肉文化とウリナーンチュの心意気。琉球王国の時代から今に至るまで、伝統を尊びながらも異文化を受け入れ、オリジナルの品や文化を多数生み出してきました。その心意気を継ぐものとして、私たち上原ミートは創意工夫とお客様の声に寄り添うサービスを展開。60年に渡り、沖縄の食を支えています。
原料産地:沖縄県 500g
冷凍便
商品コード UH003T

数量:

  • HOME
  • 【沖縄県】 県産ブランド豚あぐー 肩ロースしゃぶしゃぶ用